腸内環境ケアマンが禅問答「婆子焼庵」に答える

仏教の禅宗で禅問答(公案)というのがあります。悟りを開いたかどうか試験するテスト問題みたいなものなのですが、今回はその中でも難問とされている「婆子焼庵」について考えます。

禅問答の難問「婆子焼庵」

《ある老婆が修行の僧に草庵(いおり)を建ててやり、仏道修行が成就するようにと何くれとなく面倒を見ていました。出家の僧を供養するのは信者のつとめでもあります。老女は若い女性に命じて僧の世話をしておりました。年月も経ちある日老婆は孫娘に「あの修行僧も相当修行も進んで力量も出来てきただろう。ここでひとつ、お坊さんのところにいって誘惑してみよ」と言いつけました。
いわれた通り娘は修行僧に抱きついて、懇ろな言葉をかけてみた。すると、僧は決然として女性をつきとばし「枯木寒厳に倚って、三冬暖気なし」と言い放ちました。つまり、その僧は「触るでない!女などに興味はないぞ。私は冬の巌にたつ枯れ木のように、私の心は少しも動かない」といい、娘の手を払いのけたというんです。
老婆は娘の話を聞いて、たいそう怒って、修行僧を庵から追い出してしまった。それだけでは足りず、老婆は草庵まで焼きはらってしまった》

 

これが「婆子焼庵」ですが、他で本などで読んだ描写なんかも入れてポップに要約すると、次のようになります。

 

仏教の信者の婆さんが、ある修行僧を「修行に専念できるように」と家まで建ててやって面倒を見ていた。

 

数年経って

「どれどれ、悟りには近づいたかな?」

と思って、孫娘に頼んで坊さんを性的に誘惑させてみた。

 

すると坊さんは孫娘を突き飛ばして

「悟りを開いた私の心は冬の枯れ木のように、あなたの誘惑がとまるところもなくクールだ」

と言ってのけた。

 

結果報告を聞いた婆さんは

「私はこんなクソ坊主を何年も面倒見ていたのか!!」

と、ぶちギレて坊さんを叩き出し、坊さんのために建ててやった家も

「汚らわしい!!」

と燃やしてしまった。

 

 

 

婆さんすげえ……。坊さんかわいそう……。

でも、これについては思うところがあります。




婆子焼庵で婆さんが超ヒステリックな反応をした背景を考察する

この婆さんがおうちファイアする場面だけが独り歩きして、

 

やだ「悟り」ってやっぱり超難しいことなんだわ……

何年も滝に打たれたり断食したりお経唱えたりドMな修行を積まないとダメなのね……そんなのあたし一生無理じゃん……

 

みたいな印象を、ほんとうに悟りを求める人や、これから人生経験の中で悟りを求めるかもしれない人々に与え続けている現状はすっごい問題だと思います。

そしてそういうのを放置して悟りで公開オ◯ニーしてきた自称「悟っている」禅の坊さんたちこそ、家を燃やされるべきクソ坊主だと思います。

お釈迦さんの教えを実践しといてカースト制度が好きな人たちかな?腸内環境のケア足りてないんじゃないの?

 

 

家を燃やされるというものすごいレアな「果」がもたらされるまでの「因」について深読みした時に、すぐに思い浮かぶのは、

 

いや、この坊さんぜったい日頃から周囲に見下すような態度取ってただろ

ってことです。

「俺は悟ってるからねー」

「悟ってない煩悩の塊のお前たちとは違うからねーフフン」

って。そんなん俺でも家にダイナマイト仕掛けるかもしれません。きっと婆さんも長年鼻についてたんじゃないかな。

 

 

そこに突然現れる孫娘ですよ。娘ではなくて孫娘。これについては2つの仮説が立ちます。

  1. 娘(孫娘の母親)もいるけど坊さんがあまりにも若いので孫娘で試した
  2. 婆さんの子は早くに亡くなっており、遺された孫娘を婆さんが母親となって育てている

俺は家を燃やすのなら②だと思います。

 

婆さんは自分の子どもを亡くしており、遺された孫娘を我が子のように育ててきた。しかし自分が腹を痛めて産んだ子の死の悲しみがそう簡単に癒えるはずもなく、婆さんは仏教に救い(解決)を求めたのでしょう。

そこで、修行中の僧を受け入れ、家まで建ててやり、衣食住の世話をしながら、いつか僧が悟りを開いた時には、きっとこの悲しみを解決する話をしてくれるに違いない、子は死んだ後苦しんでいないのか、幸せにしているのか答えてくれるに違いない、と思ったのでしょう。

 

婆さんの期待どおり、僧は途中から「ついに悟りを得た」とか言うようになりました。

でも、なんか思っていたのと違います。

期待していたのとは全然違います。

他に悟った人も知りませんし、婆さん自身も悟っているわけではないので、婆さんからしてみれば目の前で展開されていることがすべてであり、釈迦の答えです。

 

「悟った人ってこんなに人間味がないものなの?」

まずは婆さんの心に、冷たい火が灯りました。

 

それでも婆さんは数年我慢したのでしょう。しかし、坊さんの態度は変わりません。おおかた近所の人の相談なんかにも人間味のない答え方してたんじゃないかな?

それまでこの坊さんの面倒を見てきた時間が無に帰するのも嫌だったけど、それ以上にあまりにも叶わなそうな期待をし続けるほうが、婆さんには辛かった。そこで婆さんは“初めて”坊さんを試した。

 

結果は「やっぱり」でした。

もういい!この世に救いなどない!何が仏教だ!何が悟りだ!クソくらえ!

という、坊さん個人にではなく仏教やお釈迦さんへの強い絶望の表現&決別の宣言として、婆さんはああいう行動を取ったのではないかと思います。

婆子焼庵の模範解答「こうすれば坊さんは家を燃やされなかった」

自分で言っといてあれですが、そういう前後関係をすっ飛ばして、あくまで禅問答としてあの坊さんが家を燃やされない模範解答を考えてみます。これはあくまでも個人の見解です。

 

「ねえお坊さん、私あなたのことが好きなの……」

「ね、いいでしょ?私とイイことしましょ♡」

 

うっわ、もう最高……(ため息&天を仰ぐ)。(いきなりグッと接近&喜びと興奮を隠さずグッと顔を見て)天女にそんなこと言われたらまさに天にも昇る気持ちだよ!さあ私と恋に落ちよう!もっとずっと終わらないイイことをしようよ!

 

このような、誰も傷つけず、且つ聞く者全員に感動を撒き散らすようなのどごし爽やかなレスポンスが求められていたのだと思います。

 

あなたなら、どう答えますか?

 

 

以上です。ありがとうございました(^^)




シェアしていただけると光栄です(^^)

 
ブログランキングに参加しました

 

広告




毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強

毎日飲んでいるサプリはここで買っています

お急ぎの方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください