セルフイメージが死ぬほど低かった頃の話をしよう②「神に選ばれし男の選択」

セルフイメージがウ○コレベルな俺は「人に謝るのが得意」とか親が聞いたら悲しむようなことを誇っていた。そんな俺の目の前で、職場の同期のジャンキーみたいな奴が通行人とおっ始め出した、さてどうする俺!? 「セルフイメージが死ぬほど低かった頃の話をしよう②「神に選ばれし男の選択」」の続きを読む…

セルフイメージが死ぬほど低かった頃の話をしよう①「特技とオナイチくん」

まだ俺が“腸脳相関”という真理に出会う前の、セルフイメージが低すぎる時代に起こったある事件と、まさにセルフイメージの低さを象徴するような俺の行動。思わず「うわぁ……」って声が漏れるかもしれないので、人前で読まないことをオススメします。 「セルフイメージが死ぬほど低かった頃の話をしよう①「特技とオナイチくん」」の続きを読む…