きちんとした水を選ぶ「ナチュラルミネラルウォーターが正義」

ミネラルウォーターを飲んでいるみなさんおはようございます。そのミネラルウォーターほんとうにミネラル入っていますか?一生使える、ミネラルウォーターを買う時に注意すべきポイントと、浄水器つけようぜ、という話をします。

日本のミネラルウォーター事情「ミネラルゼロでもミネラルウォーター」

健康のため、美容のため、腸内環境のケアのために、日頃からミネラルウォーターを買って飲んでいる方も多いと思います。

 

 

 

ミネラルウォーターってミネラル入ってるから体にいいんでしょ?

 

 

 

違うで日本やとミネラルぜんぜん入っとらんでも「ミネラルウォーター」言うてええんやで

 

実は農林水産省はボトルに入れた水をすべてミネラルウォーターとして扱っており、肝心のミネラルについては何の基準も設けていません。例えばそれが、ミネラルが一切入っていない水でも、人工的にミネラルを入れた水でも、殺菌剤をぶち込んだ水でも、ボトリングされた水なら「ミネラルウォーター」と名乗っていいことになっています。日本ではミネラルウォーターとは「容器入り飲用水」のことです。

 

一方、ヨーロッパではミネラルウォーターを名乗る水はいかなる殺菌処理も施してはいけないと義務付けられています。殺菌が必要な水源はミネラルウォーターの水源じゃない、ということです。

殺菌処理をすれば水の性質の変化は避けられず、加熱や消毒などをすれば水は活性を失ってしまうからです。

非加熱の「ナチュラルミネラルウォーター」を選ぶ

俺たちが考えている「ミネラルウォーター」は、正しくは「ナチュラルミネラルウォーター」のことです。ナチュラルミネラルウォーターの品質表示ガイドラインでは「ナチュラルミネラルウォーターとは特定の水源から採水された地下水を原水とし、地層中のミネラルが溶け出している水」のことを指します。

さらに、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・科学的な処理を行った水は「ナチュラルミネラルウォーター」を名乗ってはいけないことになっています。

 

しかし、本当に体へのいい影響を期待してナチュラルミネラルウォーターを選ぶのであれば、非加熱のものがベストです。なぜなら加熱殺菌によって水の生理活性が失われてしまうからです。これもラベルにきちんと書いてあるので、ナチュラルミネラルウォーターを買う時はちゃんと裏面を見るようにするといいです。




おわりに「ナチュラルミネラルウォーターより3000円の浄水器のほうが大事」

外ではナチュラルミネラルウォーターを飲んでいても、家では水道水で沸かしたお茶をガンガン飲んでいます、というのはとてももったいないです。優先度としては、ナチュラルミネラルウォーターより先にまずは家の蛇口の浄水器です。

 

水道水は菌が繁殖しないことを安全安心の基準としている水ですから、当然俺たちの体で共生している微生物たちにとっては超危険な水です。3,000円くらいで俺も知らないような物質まで除去できる浄水器は手に入りますので、前向きに検討されることをおすすめします。

ほんと、浄水器をつけると料理やお茶が露骨に美味しくなりますし、続けて2ヶ月もしないうちにけっこう露骨にお肌が良くなりました。一度これを味わってしまうと、どこの浄水器でも大体相場で1ヶ月1,000円くらいになるカートリッジ代なんて屁みたいなもんです。喜んで払ったりますわ!

【ピンキリ】独断と偏見でおすすめの浄水器をまとめました→【2018年最新】腸内環境にうるさい管理人オススメの浄水器一覧

 

 

以上です。

 




シェアしていただけると光栄です(^^)

 
ブログランキングに参加しました

 

広告




毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強

毎日飲んでいるサプリはここで買っています

お急ぎの方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください