そこまで言うなら真正虚言癖マンの恐ろしさを教えてやろう

The following two tabs change content below.
ひろしマン(無宗教)

ひろしマン(無宗教)

ひなびた商店街と温泉地をこよなく愛する30代。有象無象を問わず観察が趣味だが、今はセットで顔相学(人相学)にハマっている。好きなお茶はほうじ茶

こちらの記事(もっと周囲にあぶねー奴認定をして自分を守れ!③「バカと二人三脚やめい」)で危機回避能力についての話がありましたが、私はこの危機回避能力が弱すぎたためにどえらい目に遭ったことがありますので、語らせてもらいます。※長文です。

 

 

経緯をすべて話すと長いので簡単に言うと、家賃滞納である日突然部屋を追い出された年上の男友達を部屋に居候させていたことがあるのですが、彼が病的なまでの虚言癖でした。

彼が年上だったということもあって、私は彼の言うことを全部素直に信じてしまったので、なかなか見ることができないようなスゴいものが見れました。

 

  • 危機回避能力のない人間の末路(こんなヤバい奴にすら食い物にされる)
  • 虚言癖の人間は虚言をすべて信用された場合どのようにエスカレートしていくのか

 

この私が体を張って捕獲してきた捕獲レベル高めの食材を、じっくりと堪能していただければと思います。お口に合えば嬉しいです。




マンションの住人全員彼の虜だった

彼が追い出される前に、部屋に遊びに行ったことがあるんですけど、まず部屋がどちゃくそ汚かったです。空き巣でもちょっと片付けて行くレベルで、本当に足の踏み場もない状況。

まあ、それはさておき、その際に彼は料理を振る舞ってくれたんですね。なんかようわからんオリジナルの。

……で、食べ終わったら食器を流しに出すじゃないですか、自分で。

 

 

 

リアルこんな感じ

ぐっちゃぐちゃのドロッドロの食器があふれかえっていて、一瞬「ウッ」って引いたんですよ。そこで(記憶の限りでは)記念すべき第一発目の彼の虚言を頂くことになります。

 

 

 

いやー、昨日シンセ弾いてたらマンションの住人たちが「もっと聴かせろ」「次はこれ弾いてくれ」って集まっちゃって、ホームパーティー状態になっちゃったんだよね~☆

 

(前半もたいがいやけど)いや、一晩で食器ドロッドロになるかて。腐海かよ。

ナメられたもんです。

 

しかし、危機回避能力ゼロの当時の私は、

 

 

 

なにそれすごい!

 

って詳しく聞いちゃったんですね。

これで私のその後の運命は決したと言っても過言ではないでしょう。

自主制作のオリジナルCDを出せばたちまち3000枚売れる

なんか中二病マックスな名前のどっかのバンドのボーカルをやっていたようで、ちょいちょいライヴのリハーサルとか言って出かけていました。

……で、作詞作曲を全部手がけているそうなのですが、たまにアルバムCDを自主制作したらたちまちファンが殺到して3000枚とか売れるらしいんですよ。

実際に彼が持っていたその3000枚売れたというブツを見せてもらいましたが、市販のお得用空CDに自作のラベルシール貼って、市販のアクリルケースに入れて、コピー用紙に安いインクジェットプリンターで刷ったようなジャケット兼歌詞カードを挟んだような、くそチープな代物でした。

 

実際に彼とカラオケにも行きましたが、まあたしかに声量はあるなって感じでした。

ただ、CD買ってまで聞きたいかというほどでは断じてないです。

架空の嫁と婚約(結婚?)していた

彼は結婚をしているらしく、指輪をしていました。携帯電話に入っているツーショットの写真を自慢げに見せてくれていましたが、なかなかの美人でした。

今思えば、おおかた知り合いかなにかとのツーショットです。だって、旦那が部屋を追い出されて居候させてもらっている私に挨拶ひとつないなんて不自然ですよね。そもそも嫁のところに行けよって話です。仮に相手が実家住まいでも、結婚しているなら、相手の両親に事情話せば置いてもらえるでしょうが。

なぜかいつまでも目が出ない医者の卵

「私立医大の夜間部に所属しながら国立難関大の医学部を目指している」

と常に言っていました。

大学に籍を置いているというわりにはテキストもないし、国立大の医学部を目指しているというわりには、受験勉強の参考書もないし、部屋にいても寝てばかりで全然勉強しないし、不思議だなあ……って思っていましたが、理由は後でわかります。




英語ペラペラのペラでネイティブレベル

「今日帰りにまた外国人の道案内して来たわ~」

この【外国人の道案内】は、TOEICで「軽く」900/990点(自称「ま、ネイティブレベルとは言われるね(謙遜)」)の彼があらゆる遅刻の言い訳に必ず出してくる、もう使い込まれすぎて黒光りしているネタでした。いや、どんだけ街に方向音痴の外国人あふれとんねんwww

ところが、ある日どうしても意味がわからなかった好きな洋楽の歌詞があって、当時はネットもなかったので、すごい軽い気持ちで彼に和訳を聞いてみたところ、英検3級の私よりもヘタクソだったんですよ。でも危機回避能力ゼロの私は、

 

 

 

ネイティブすげえ!

 

とか思ったんですよ。超好意的解釈ですよね。

本を持っていない理由がスゴすぎた

 

 

 

 

 

虚言癖野郎ども全員前世は天才に発明品かなんかで殺された説

がおっ勃つくらい、もうマジで虚言癖野郎の共通の特徴なんですが、とにかく天才を装いたがるんですよね。あれ不思議。どっかの暇してる学者さんでもいいので、誰か研究して原因を突き止めてほしいです。

ある日、そんな医大に通っているとか言う割には彼の蔵書があまりにも少ないことに気づいた私が、「なんで?」って聞いたんですね。もう何の悪意もありません。純粋に疑問に思っただけ。その時に生まれた名言。

 

 

 

本は買わない。
1回読んだだけで覚えちゃうから。

 

お前アカシックレコード本体かよ。

すごいですね!これって既存のIQテストだとIQが計測不能な苫米地英人博士より頭良いはずだから、絶対に公安当局からマークされるやつでしょ!とりあえずCIAに拉致られないように気をつけたいですね!

でも、危機回避能力の希薄だった当時の私は、

 

 

 

て、天才だー!!

 

もう救いようのないバカですよね。

格闘技有段者で市井ではほぼ無敵

いや、やっぱりそこまでIQがぶっちぎっているとなると、実際に拉致られそうになることがあるのか、彼には格闘技の素養もあったようです。自称「某有名拳法の黒帯(ライセンス持ち)」。

部屋でもたまにかるーく型なんかをやっていました。

 

……たしかにそれっぽいけど、何よりも体型が問題。格闘技有段者だった人ならインナーマッスルや体幹がしっかりしているはずなので、そんなぼってり体型にはなるまいて。これは世間知らずな当時の私でも感じていたきっと本能的な違和感。

それが伝わっちゃったのか、実家からわざわざその格闘技を習っていた頃の写真を持ってきて見せてきました。小学生の頃の団体戦の記念写真見せられてもなあ……(^_^;)

まあそれはさておき、↑の外国人の道案内の次によく使うネタで「ちょっとイキったサラリーマン5人ばかし畳んできた」みたいなのがありました。なんでも目つきが気に入らないからと絡まれて、一瞬で全員畳んできたんだそうです。これまで彼が畳んできた人間をリストアップしてみます。

 

■酔って絡んできたサラリーマン:20人(通算)

■イキったサラリーマン:30人(通算)

■肩が当たったとかで絡んできた繁華街の客引き:10人(このときは次から次へと仲間が集まってきて大変だったそうです)

■恋人(架空)と部屋で寝ている時に近所を通りかかった暴走族:30人(壊滅させたそうです。そしたら翌日全員で坊主頭にして部屋まで謝りに来たそうで、大人として説教垂れてやったそうです。なんで部屋知っ……ハートウォーミングですね☆)

■職場の上司:1人(空手の有段者だったそうです)

■海外旅行時にスラムで絡んできたギャング:50人(拳銃とかナイフを持っていたそうです)

 

これだけの修羅場を潜ってきたらボディに多少の傷はあるはずなんですが、風呂上がりに見る彼の体は綺麗なもので、無傷なんですよね。

強すぎでしょ。

トニージャーもジェイソンステイサムも勝てんわ。




免許を持っていない理由がすごい

東京生まれ東京育ちの人とか、最近の若者だと免許を持っていないことがあるらしいですね。いやわかる。交通機関が充実していて、活動範囲の目的地に行くのに必要ないのなら、わざわざあんな金食い虫みたいなお荷物を所有する必要はないでしょう。

「免許ないです。いや、必要なかったから」で済む話なわけですが、そこはTH君。過去のことで且つこちらが事実確認のしようがないことに関しては必ずといっていいほど即席ファンタジーをぶち込んできます。

 

 

 

友達のランボルギーニカウンタックで300km/hで首都高すっ飛ばしてたらオービスに引っかかって一発免停くらった

 

全国ニュースだよね?

制限速度200km/h以上オーバーとかもう伝説じゃん。

こういうの即興で思いつけるってすごい。

あとあなたまだ24歳(当時)だよね?それより昔の20代序盤の頃にランボルギーニ・カウンタック持ってるような友達いたの?その人のところに居候したほうが絶対いい暮らしできますやん。

ところが危機回避能力のない当時の私は、

 

 

 

まじかよウケる

 

信じました。信じてウケました。そして、

ランボルギーニって加速すごいんでしょ?300km/hまで一瞬だった?

とか、もう相手が脳汁シュビドゥバになるような質問を大真面目に返すという始末。いいおもちゃだったでしょうね。

虚言癖マンにパラサイトされないために

彼は虚言癖マンな上にギャンブル中毒で、いつしか生活費を1円たりとも入れなくなってきました。彼は見た目のままの大食漢でしたのでこれはダイレクトに私の財布を直撃し、いい加減堪忍袋の緒が切れて喧嘩別れをしました。彼の口からは聞いていませんが、おそらく前の部屋の家賃を滞納した理由もギャンブルだったに違いありません。

 

皆様におかれましては、このような虚言癖のクソ野郎に人生の貴重な時間を奪われませんよう、注意していただきたいと思います。

こちらの記事で紹介した外見的特徴を元にして、該当する人間とは徹底的に距離を取るのがいいですが、↑のような思いをしておきながら、私はその後も何人もこのような虚言癖野郎の餌食になっています。私が馬鹿なだけかもしれませんが、連中も生きるためにやっていますから巧みですし、必死です。悔しいですが生への執着や執念は連中のほうが強いのかもしれません。侮れません。

ちゃんとガードできるか不安だったり、めんどくさいなら「周囲の人間みんな虚言癖」でいいです。これマジで。

 

 

どうか気をつけて、独立自尊の楽しい人生を歩まれて下さいませ。

※何か他にも彼の芸術的な虚言を思い出したら別記事で語らせて下さい(^o^)

 




シェアしていただけると光栄です(^^)

 
ブログランキングに参加しました

 

広告




毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強でござる

毎日飲んでいるサプリはここで買っています

お急ぎの方へ

コメントを残す