身の回りにあふれかえる人工甘味料の正体

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

都市伝説信者だと思われてもかまわない!ここでは身の回りにあふれる避けるべき人工甘味料と、それにまつわる利権の話を紹介する。これを読んだらもう人工甘味料なんて怖いし胸クソ悪いし摂れなくなるだろう。

善人面してしれっとその辺にあふれる人工甘味料

今や俺たちの日常には人工甘味料があふれかえっている。体質など個人差はあるのかもしれないが、24~30歳の間の約6年間くらい毎日欠かさず人工甘味料を摂り続けた俺は気づけば心身が不調だらけになっていた。

 

人工甘味料というのは薬品だ。なぜか製薬会社で生まれているものが多い。↑で「個人差はあるかも」って言ったけれど、薬の効果にはそこまで個人差はない。今、かつての俺のような心身の不調、とくに鬱っぽい気分に悩まされている人は、ちょっと人工甘味料を疑ってみてほしい。

広告



アセスルファムK(アセスルファムカリウム)|今アツい!すごい流行している人工甘味料

  • 日本では認可されているが世界中で危険性についての議論が続いている、ちょっとやめといたほうがよさそうな物質
  • 動物実験では肝機能障害や免疫力の低下が報告されている
  • 砂糖の200倍の甘さをもつ

アセスルファムKは速攻で甘さを発現するタイプの人工甘味料だが、ちょっと苦味があるのでそれをマイルドにするためにアスパルテームと一緒に使われることが多い。体内で一切消化分解されないためカロリーはゼロとされている。

消化分解されないため、腸から肝臓を通って腎臓へ異物として運ばれて、最終的に尿として排出されるのだが、この一連の流れの臓器への負担が大きいので、動物実験では肝機能障害や免疫力の低下が確認されている。

1967年にドイツの製薬会社で化学者が偶然発見した。

製薬会社?食品メーカーじゃなくて?

無視できない塩化メチレンの存在

アセスルファムKには塩化メチレンが含まれている。この塩化メチレンとは体重1kgあたり50mgで50%の確率で発がんするというよろしくない物質である。塩化メチレンを長期的に摂取すると、頭痛、抑うつ、吐き気、精神錯乱、肝臓や腎臓への影響、視覚障害、がんを引き起こすなどの可能性が懸念されている。

 

とりあえず、アセスルファムKを成敗しておく。

スクラロース|殺虫剤の開発中に偶然生まれた腸内細菌キラー

瀬路戸忍

構造式が塩素まみれでござる

  • 殺虫剤つまり毒を作ってて偶然発見された物質(なんで味見したの?)
  • 腸内の善玉菌を50%以上死滅させてしまう
  • 砂糖の600倍の甘さをもつ。しかもナチュラルな甘さ

殺虫剤の開発中にその甘味を発見されたというだけあって、化学式のわかる人が見れば一発で毒だとわかる極悪な構造をした人工甘味料。人体に無害なショ糖を指す「スクロース」の仲間のように誤解させる「スクラロース」という紛らわしいネーミングにも、作った人の愛情が感じられる。

腸内細菌を50%以上死滅させてしまい、腸内環境をぶっ壊してしまう。さすが元殺虫剤!

現状、スクラロースの長期的な摂取により懸念されているリスクは、胃腸障害、頭痛、めまい、アレルギー反応、体重増加、血糖値上昇などがある。

塩素まみれの人工甘味料

塩素といえばご存知のとおり、殺菌消毒に使われる物質である。農薬なんかでもおなじみ。

この、スクラロースのように炭素分子と塩素分子が結合した物質をオルガノクロライドといい、有名どころだとダイオキシンやPCB、DOTなど強烈な農薬たちがいる。なんとスクラロースは人類史上初の、人間が食べてもいいとされたオルガノクロライドなのである。ほんとに大丈夫なの?

 

とりあえず、スクラロースを成敗しておく。

※スクラロースは熱に強く、焼き菓子なんかにもよく利用されているので火属性の攻撃は効果が薄いはずだ。そこで1兆℃の火球をぶち込んで差し上げた。

地球がヤバい

アスパルテーム|全男子の敵!元気な精子が激減

  • 神経毒の化学兵器を作っていて偶然発見された(だからなんで味見したの?)
  • 分解過程で10%がメタノールに変化する
  • 元気な精子を激減させるという研究報告がある
  • 砂糖の160~220倍の甘さ

アメリカでは年間5000トン以上も消費される人工甘味料。フェニルアラニンとアスパラギン酸を合成して作られるので、「アミノ酸からできた甘味料♡」と言ってもいちおうウソにはならない。

アスパルテームは体内でインスリンとレプチンという新陳代謝抑制ホルモンの分泌を促進するので、摂り続けると痩せにくいボディになる。

代謝生成物のメタノールがヤバい

メタノールはもろに神経毒である。メタノールの代謝生成物であるホルムアルデヒドはもっと毒である。メタノールを長期的に摂取すると頭痛、鬱、不眠症、知能低下、物忘れ、攻撃的になるなどの不調が起こる。しかも、アスパルテーム特有の分子構造に守られた手強いメタノールなので、普通のメタノールよりも500~5000倍も毒性が高まると考えられている。

アスパラギン酸で知能が低下する

アスパラギン酸は人間にとって有用な物質だが、単体で摂取すると神経細胞を過度に興奮させてダメージを与えることがわかっている。

 

とりあえず、アスパルテームを成敗しておく。

妊婦が人工甘味料を摂取して胎児に影響は無いのか?

現状、影響はないとされているが、いや、これだけ大人に害があるものが胎児に影響がないわけない。言ったヤツの顔が見たい。

ことスクラロースについていえば、赤ちゃんがこの世界に産まれ出る時にまずお母さんから受け継ぐものは他でもない、お母さんと共に長年歩んできた百戦錬磨の腸内細菌である。スクラロースは薬品的作用でその贈り物を殺してしまうのだから、その後の赤ちゃんの腸内環境を考えれば影響は甚大である。

広告



大人の事情の塊、それが人工甘味料

なんで人工甘味料みたいなものが出回っているの?

国が使用を許可しているから。

じゃ安全ってことやろ!

果たしてそうだろうか?2011年に起こったかの原発事故の時も、国は「直ちに影響はない」とか言葉遊びを繰り返して有耶無耶にしたではないか。都市伝説のニオイがしてしまうのであまり深堀りはしないが、事実との間に巨大利権がいる場合、往々にして情報というのは歪められる。

 

そもそも、人工甘味料は真面目にショ糖などの甘味料を使って出す甘味を数百分の一の量で出せるスーパーコストカットアイテムなのだ。考えてみて欲しい。合法的に光熱費が先月の数百分の一になるとしたら……?それと同じことだ。それに加えて、長期的な摂取で心身にダメージがあるかもしれない、とくれば、それに付随して儲かっちゃう人がたくさんいるということになる。

人工甘味料ブームの背景にやっぱり巨大利権の影

結局深堀りするんかい!

瀬路戸忍

話したくなっちゃったでござる

ノースイースト・オハイオ医科大学の元精神科教授であるラルフ・ウォルトン医学博士の指摘によれば、ヒトへの安全性を評価した166の研究のうち、74はアスパルテームの製造産業から資金提供を受けており、92は独立資金による資金で行われました。そして、企業から資金を受けた研究は、そのすべてにおいてアスパルテームの安全性を証明し、独立資金による研究の92%は、アスパルテームの健康に対する致命的な問題を見つけたのです。つまり、アスパルテームの製造産業に配慮して研究結果が歪められた可能性を指摘しているわけです。(「カロリーゼロにだまされるな 本当は怖い人工甘味料の裏側」大西睦子著 より)

それだけではなく、この米国でのアスパルテーム承認の影では如何にも表世界の裏側で暗躍してますみたいなお顔立ちの方々が露骨な怪しい動きをしている。ええいここからは面倒なので図で説明する。

 

アメリカ食品医薬品局で、ずっとアスパルテームを承認しなかったジェリイ・ゴワイヤン長官は、

 

ロナルド・レーガン氏が大統領に就任してすぐに解任されてしまう。

 

で、次に長官に任命されたアーサー・ヘイズ長官はいきなりアスパルテームを承認。

 

アーサー・ヘイズ長官は、アメリカ食品医薬品局を辞任した後、アスパルテームを販売しているG.D.サール社に就職。

 

そこのCEOだったドナルド・ラムズフェルド(元国務長官)と莫大な利益を得たのだった。※この人もアスパルテーム認可のために国務長官時代のコネをフルに使ってあちこちに圧力をかけまくったともっぱらの噂である。

そういえば2000年前後くらいからテレビ(CMとか)が「低カロリー」「カロリーオフ」ってうるさかったような……

瀬路戸忍

それからちょっとして次は「アミノ酸サイコー!」って始まったでござる

広告



さっさと人工甘味料のダメージから回復したい時はデトックスをする

人工甘味料を摂らないようにして、プロバイオティクスやプレバイオティクスを意識的に摂って腸内環境をケアしていれば、人工甘味料によって起こった上記のような不調はみるみる回復していく。あなたの腸というのはそういう力を持った器官だ。

しかし、上記のとおり人工甘味料はその代謝生成物がなかなかの曲者で、長期的に摂取していれば分子量の小さいそれらが、体の解毒を一手に担う肝臓や、テニスコート1.5面分の面積がある腸の微細な隙間などに蓄積している可能性がある。もちろん人間の体はすごくよくできているし、腸内に棲む細菌も非常に優秀なので、時間をかければいつかはきちんと排出されていくのだが、さっさと楽になりたければ、デトックスで出してしまえば回復は格段に加速する。

 

  • 毎日2リットル以上の水分を摂る
  • デトックス作用のあるお茶を飲む

これがたぶん最も低コストで、わりとすぐに実践できるデトックス法だ。とくにお茶についてはゲンノショウコ茶カワラケツメイ茶(通称「ざら茶」「弘法茶」)が、コスパと飲みやすさの点からすごく良かったので、以下に紹介する。※どくだみ茶はコスパとめっちゃ出る感はすごい優秀なのだが、如何せん味にクセが強すぎるので却下。

瀬路戸忍

今まさにうちで飲んでいるお茶たちなので特定が怖いでござる

できるか!

ゲンノショウコ茶

 

「(胃腸に)実際に(現に)効く証拠」という「リアルガチ」みたいな名前の変なお茶。他にも「イシャイラズ」「タチマチグサ」とか異名も非常に豪華。古来から人々の絶大な信頼を浴びてきた民間薬。

不味くもなく美味しくもないが単体で沸かすと薄い。自分でお茶を沸かしている人は、いつものお茶と一緒に沸かしても邪魔にならない味なのでオススメ。

非常に優秀な整腸作用を持っており、飲みすぎても便秘になることも下痢になることもないし、こういうお茶特有の「おしっこが近くなってかなわん」というのもない。

カワラケツメイ茶(ざら茶、弘法茶)

 

古来からむくみ解消や便通改善の民間薬として煎じて飲まれてきた漢方薬。これもゲンノショウコ同様、飲みすぎても下痢になったりはしないが、おしっこはすごい出るようになるので、トイレに行きづらい職場環境の人は飲むタイミングに注意。

豆茶。冷でもホットでも美味しいが、ちょっと薄いので茶葉は多めに沸かしたほうがいい。

おわりに

ここまで、ちょっときな臭い話も混ざってしまったが、人工甘味料を語るうえで避けては通れない話なので紹介した。君子危うきに近寄らず。人工甘味料そのものが安全かそうでないかは現段階では限りなく黒に近いグレーなので、ぜひこれを読んでくれたあなたとあなたの大切な人だけでも、そんな怪しさ満点なものから距離を置いて、ハッピーライフを過ごしてもらえたらと思う。

瀬路戸忍

カロリーで死んだ人はいないでござる

広告


毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強でござる

毎日飲んでいるサプリはここで買っています