【実体験】リーキーガット(LGS)になるとこうなる

The following two tabs change content below.
瀬路富忍(serotonin)

瀬路富忍(serotonin)

長年、ネガティブ&束縛クソ野郎をやっていたが、ひょんなことから腸内環境のケアと出会い、気がつけばテンション高めのポジティブマンにクラスチェンジしていた三十路。俺の二十代を返せ!

最近体臭キツくない?「一日に何回風呂入らなあかんねん!」と思っているあなた。もしかして腸が穴だらけ(リーキーガット)になって、血管にいろいろダダ漏れしているかも。ここでは実体験からリーキーガットになったときの自覚症状と、リーキーガットになってしまう原因ついて詳しく解説する。

腸の内壁の細胞に穴が空いてしまって、腸内の内容物が血流中に漏れてしまっている状態をリーキーガットといい、そこから起こる様々な不調をリーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome=漏れる・腸・症候群LGS)という。「病院に世話になるとお金がめちゃかかるから自分の健康は自分で守らないと」という、健康志向の高いアメリカでは万病の原因になることですっかり有名で、リーキーガット対策のサプリメントなども出回っているほどだ。日本ではまだまだ認知が広まっていないが、現代のハイストレスな環境下で消耗させられている日本人の約7割がリーキーガット症候群にかかっているというデータがある。

腸に穴が空いたからって何なの?

オッケー。ではリーキーガットのヤバさをわかってもらうために、まずは「リーキーガットになるとこんなしんどい自覚症状があるよ!」というのを実体験から説明する。

もしかしたらあなたの“それ”もリーキーガットが原因かもよ?




リーキーガットになると①|体臭がキツくなる

いろいろ自覚症状はあるけれどこれが一番辛かった。とくに頭皮から汗をかいたまま放置したような、シャンプーをしないで24時間経過した時のような、「臭い」というほどでもないけど気になりだしたら止まらなくなるニオイが、ある日を堺にずっとするようになって、もともと自分の匂いをけっこう気にするタイプの俺にとってはけっこうなストレスだった。とりあえずシャンプーの回数を一日2回に増やしてみたけれど、それでも効果は薄かった。

加齢臭じゃないの?

瀬路戸忍

昨日までは大丈夫だったのに、朝起きたらいきなりおじさんの香りがするとかありえないでござる

リーキーガットで体臭がキツくなる理由

腸の内壁に穴が空くというのは、それだけ腸内環境が乱れているということである。善玉菌の勢力が弱まり、腸の内壁の細胞の結合を緩める毒素を出す悪玉菌が優勢になっている状態なので、同時に他のアンモニアなどの有毒なガスを生成する悪玉菌も増えている。そんな、くさいう○ちのニオイのもとになるような物質が腸の内壁に空いた微細な穴から毛細血管中に溶け込み全身を駆け巡るのだ。体臭がキツくならないわけがない。血管が多く集まっている頭皮がとくに臭気を放ったのも納得である。

リーキーガットになると②|いきなりお酒に弱くなる・記憶が飛ぶ・悪酔いする

俺はお酒についてはどちらかというと強い方だ。それが、昨日までは全然そんなことなかったのに、今日は少量でやたらと酔いが回ったり、飲んでいる最中に吐き気がしたり、めちゃくちゃ飲んだ時みたいに記憶をなくしたり、といったことがいきなり起こった。「たまたま体調が悪かっただけかな?」と思って、気にしないで次の日も飲みに行ったらまた同じ状態になったので、いい加減肝臓がぶっ壊れたかと心配になって、しばらくお酒を控えるようにしたのだった。

リーキーガットでお酒に弱くなる理由

アルコールは直球ストレートで人体にとって毒である。そしてその代謝生成物のアセトアルデヒドはもっと毒である。ただでさえ分子量の小さいそれらが、腸に空いた穴からダイレクトに毛細血管中に漏れ出すので、通常時よりもスピーディー且つたっぷり、文字通り「酔いが回る」ことになる。そりゃ少量で気持ち悪くなるわけだ。それだけでなく、急性アルコール中毒(血中アルコール濃度が許容値を超えた状態)のリスクも高まっているので「あれ、もしかしてリーキーガット?」と思ったら、絶対にやんちゃな飲みはしちゃダメ。ちなみに急性アルコール中毒の致死率は怒涛の89%だ。まず助からない。

瀬路戸忍

とくにお酒を飲む機会が多い年末年始や新歓シーズンは腸のコンディションをよく見張るでござる

リーキーガットになると③|いきなり免疫力が下がる

何でもないタイミングでいきなり風邪をひいたりする。しかもいつもは鼻からくるのに喉がやられたりとか「え、何の菌に感染したん?」って思うような不調が出て、ずるずる長引くことがあった。

リーキーガットで免疫力がダダ下がりする理由

人間の免疫システムの約60%は腸に存在している。

とくに小腸には大腸の100倍以上の免疫細胞が集中しており、大腸の腸内細菌(善玉菌)が出す物質によってそれらの細胞が適切に活性化されてはじめて免疫系はフルパワーで機能する。悪玉菌優勢の腸内環境の末路ともいうべきリーキーガットの状態では、当然免疫システムの働きは鈍り、且つ腸から血管中に漏れ出した分子量の小さい“異物”たちの対応に他の免疫系も手を取られることになり、免疫力がダダ下がりするのである。

 

口から肛門までの消化管は、外部の物に触れると考えれば厳密には外側であり、占める大きさでいえばその大半は腸だ。そこに穴が空くということは、外部から入った物質や細菌・ウィルスに筋肉や血管や他の臓器などの真の内側への侵入を許すリスクが圧倒的に高まるということにほかならない。

瀬路戸忍

ルカナンってきっとこんな感じでござる

リーキーガットになると④|情緒不安定になる・平常心を保てなくなる

  • 何でもない人の言葉がやたらと気になる
  • 自分の言動がどう思われているかいちいち不安になる
  • なんかテンションが上がらない
  • 気がついたら自分を責めている
  • 突発的におかしな言動が出てしまう(大きすぎる独り言とか)←ほんとやめて
  • 集中力がすぐに乱れてしまい、全然続かない

いい加減ストレスで精神がバグったかと不安になるような、ステータス異常が突発的に起こることがあった。本人としてはとても仕事どころではないのだが、「すみませんリーキーガットっぽいんですけど……」と言ったところで仕事を休めるわけもなく、めちゃ低いテンションの中、絶えず襲いかかる自己嫌悪と、突発的な変な言動が周囲に迷惑をかけないかという不安と戦いながら耐え抜く拘束時間はまさに苦行だった。

リーキーガットで情緒不安定になる理由

最新の研究では、自閉症(自閉症スペクトラム障害)も特定の腸内細菌が作り出す化学物質が原因であることがわかっている。1000兆個いる腸内細菌の中には、宿主の思考や行動に影響を及ぼす化学物質を作り出すものもいるのだ。

 

細胞の神経伝達を妨害し言動をバグらせ、且つ腸内壁の細胞の結合を緩めリーキーガットを引き起こす原因となる物質プロピオン酸(PPA)を生成するクロストリジウム属の腸内細菌がそれである。

不安になったり自己嫌悪になったり、テンションがダダ下がりするのは、幸せホルモン・セロトニンの生成が滞っているから。これはつまり腸内細菌の勢力図が、セロトニンを生成する善玉菌が圧倒的劣勢であることを示す。これを改善するには、プロバイオティクス(善玉菌)やプレバイオティクス(既にいる善玉菌を増やす物質)やオメガ3脂肪酸(臓器の修復に有効)を積極的に摂取しつつ、既に腸内にいる善玉菌を殺してしまわないように、人工甘味料を摂らないようにして、おとなしくしておくのがベスト。お酒はなるべく控えたほうがいい。飲んでもいいけどグラス1杯にしてゆっくり飲もう。

瀬路戸忍

ガブガブ飲むのを躊躇するような高いお酒を飲むといいでござる

次から次へと湧き上がってくるネガティブな心の声や不安は、そんな腸内環境のピンチを知らせるサインのひとつにすぎないので、「なるほど」とか「あっそ」って無視しよう。いちいちクヨクヨして脳でストレスを感じると、それがまた腸脳相関で腸に伝わって腸のポテンシャルが下がるので回復が遅れてしまう。

瀬路戸忍

硫黄みたいなくっさい屁が出ちゃった時みたいに全力で知らん顔するでござる

こういうときのトイレ(大)はガマンしちゃダメ

俺の場合、こういう時はミルクプラスや濃い目のカルピスをいつもより多めに飲んで、日頃だと時間の無駄に思えて後回しにしているような不毛なこと(YouTubeをダラダラ観たりとか)をして時間を過ごしている。どうせ集中力も続かないし、本を読んでも頭に入らないからどうせ時間の無駄だし。経験上、精神状態が元に戻る手前は猛烈にウ○コが出ることが多い。朝から夜まで多い時で6回くらい出る。食べた覚えのない量出るので最後のほうはお尻が痛くてフェザータッチで拭かなければいけないので大変だ。

しかし、便というのは食べたものの残りカスではなく、実はその6割が腸内細菌と剥がれた腸粘膜細胞である。つまり、不要な腸内細菌や新陳代謝で入れ替わった腸の内壁の細胞が排出されているわけだから、これを出さないでおく手はない。出したがっているんだから出そう。さっさと出そう。

そもそもめっちゃ出るというのは腸の活動に活発さが戻ったということで「ごめんな!もうめっちゃ元気やけん、あとこいつら捨てたら終わりや(^^)」といったところ。これを出さないでおくと、その便がまた発酵・腐敗してよろしくないガスが出てしまい、腸内環境を乱すというドS展開になる。

リーキーガットかな?と思ったら|とりあえず人工甘味料を絶つ

上でも少し話してしまったし、プロバイオティクスとかプレバイオティクスを摂れなんてもう耳タコだと思うので、リーキーガット状態からさらに腸内環境を悪化させないための注意点をまとめる。

  • 人工甘味料を避ける
  • お酒(とくに安酒)は控える
  • ネガティブな心の声や不安はシカトする

人工甘味料だけは、人畜無害な顔をしてそこら中に溢れているので本当に侮れない。試しにいつも飲んでいるジュースとかチューハイの裏の表示を確認してみてほしい。けっこうな確率で入っている。中でも

アセスルファムK
砂糖の200倍の甘味をもつ。つまり砂糖の200分の1のコストで同じ甘さが出せるということ。すっきりとした甘さだが苦い
113004動物実験では肝機能障害や免疫力の低下が確認されているいや絶対腸内細菌に悪さしてるやん

アスパルテーム
砂糖の100~200倍の甘味をもつ。後からくるタイプの甘さ。アセスルファムKと1:1で配合すると、砂糖とそっくりな甘さになる
113004気分障害、鬱、不眠症、アルツハイマー、知能低下、頭痛、視力低下、脳障害、腫瘍などの副作用があることが、多くの研究機関から報告されているいや絶対腸内細菌に悪さしてるやん

スクラロース
砂糖の600倍の甘味をもつ。体内で消化吸収されず24時間以内にほぼ100%が排泄される
113004腸内の善玉菌を50%くらい殺してしまうやめて

これらの3種類が多くみられ、しかもヤバい。大丈夫、人工甘味料を摂らなくても死なないし、甘いものが摂りたいなら人工甘味料以外でちゃんとカロリーのあるものを摂ろう。

人工甘味料について興味のある方は↓

 

リーキーガット症候群に悩むあなたのお役に立てれば幸いである。

 

広告




毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強でござる

毎日飲んでいるサプリはここで買っています

コメントを残す