腸内環境のケアには有胞子性乳酸菌が最強

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

腸内環境をケアするなら有胞子性乳酸菌が最強。生きて腸まで届くし、腸での滞在期間も長いのでめっちゃ効率的。お金と時間を無駄にしたくない人は有胞子性乳酸菌を選ぼう。

有胞子性乳酸菌とは?

腸内環境のケアが人類にとって(とくに日本人にとって)必要不可欠であると注目されるようになってから、巷には雨後の筍のように乳酸菌サプリメントが溢れ出した。

 

「10億!」

「60億!!」

「1,000億!!!」

……と、まるでドバイの金持ちばっかのオークションみたいに、含まれている乳酸菌の個数で競っているのが現状だが、大切なのはそこではない。

 

有胞子性乳酸菌が含まれているのか?

これが重要になってくる。

というか、ここを押さえておけば乳酸菌サプリメント選びで大きくハズすことはない。

 

そのくらい、有胞子性乳酸菌はステキすぎるのである。

広告



有胞子性乳酸菌はマジで生きて腸まで届く

口から体内に入った菌は、胃酸や胆汁や熱でほぼ死滅する。

もちろん乳酸菌も例外ではない。

 

しかし、有胞子性乳酸菌はそれらの環境下でも硬い保護膜を作って休眠できるので、死なない。

生きて腸に届くのである。

 

「え、それだとそのままうんこになって外に出ちゃうんじゃない?」

ところが、有胞子性乳酸菌は、腸に到達すると腸内の水分と適度な温度で殻を破って発芽し、活動(増殖)を始めるのである。

なんというトロイの木馬。

有胞子性乳酸菌は乳酸の生成能力もかなり高い

有胞子性乳酸菌は、普通の乳酸菌に比べて乳酸の生成能力が高い。

 

腸内で乳酸を生成するから“乳酸菌”というのだが、この乳酸が腸内環境にとっては超重要。

乳酸によって腸内のphが弱酸性になると、酸性環境を嫌う悪玉菌が減り、逆に酸性環境を好む善玉菌が増えるのだ。

有胞子性乳酸菌は腸内に長くとどまる

有胞子性乳酸菌は、腸内にとどまる力が強く、1週間程度腸内に定着し増殖を繰り返す。

つまり、普通の乳酸菌よりも効果が高いということだ。

広告



まとめ

★保護膜があるので生きて腸まで届く!
★乳酸の生成能力も高い!
★腸内に長くとどまる!

つまり、乳酸菌サプリメントを選ぶ時に、有胞子性乳酸菌の入ったものを選んでおけば、効果的かつ効率的でお金と時間が無駄にならないということだ。

 

 

腸内環境は、乱れるといろいろと露骨な反応(腹痛、肌荒れ、くっさい屁)が出て感知できるのだが、整った時がわかりにくい……、と思われがちだし、事実、俺もそう思っていた。

 

しかし、ちゃんとした乳酸菌サプリメントは、続けていると1週間~半月くらいで、露骨にメンタルに違いが出てくる。

謎のハイテンション、「何か良いことあったかしら?」と思うくらいのストレス耐性……など、幸福感ホルモンセロトニンの影響がキッチリと出てくるのである。

 

ぜひ、乳酸菌サプリメントをお探しの方は「有胞子性乳酸菌」の含まれているものを選んでみてほしい。

広告


毎日欠かさず飲んでいるサプリ


瀬路戸忍
いろいろ飲んだ結果コレが最強でござる

毎日飲んでいるサプリはここで買っています

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください